React Native ExpoのiOSアプリをバージョンアップする手順

スマホアプリはリリースしたあとも、バグ修正や機能追加や新 iOS 対応など、随時アップデートしていく必要があります。ここでは、React Native Expo で既にリリースした iOS アプリをバージョンアップする手順についてまとめます。

app.json を修正

expo.versionexpo.ios.buildNumberを変更します。version は、アプリストアで表示されるバージョン番号にします。buildNumber は 1 にします(Apple Developer に一度新しいバイナリをアップロードし終わった後でバイナリを差し替えたいときに、version はそのままにして buildNumber をインクリメントしていきます)。

ビルド

$ expo build:iosを叩きます。Successfully built standalone appと表示されたら無事ビルド完了です。

iOS アプリをリリースするにあたっては証明書周りなどいくつか面倒な作業がありましたが、React Native Expo CLI で作業を自動で肩代わりしてくれるためとても助かります。

Expo からビルドしたバイナリをダウンロード

Expoにログインして、先ほどビルドしたバイナリをダウンロードします。

リストからダウンロードしたいバイナリをクリックすると、バイナリの詳細画面に遷移します。下の方にスクロールすると紫色のダウンロードボタンがあります。

Transporter でバイナリをアップロード

Transporter.appで、ダウンロードしたバイナリをアプリストアにアップロードします。

起動時に Apple ID でサインインして、ダウンロードしたバイナリ(ipa ファイル)をドラッグアンドドロップするだけです。あとは「検証」「デリバリ」を実行すればアップロードできます。

Apple Developer でキーワード調整

Apple Developerにログインして、キーワードを調整します。タイトルやサブタイトル、スクリーンショット の変更は滅多にしませんが、キーワードは適宜調整することでダウンロード数が伸びるかもしれません。

Apple Developer でアプリを審査に提出

バージョンアップしたアプリを提出しましょう。審査が無事に通ればバージョンアップ作業は完了です。