WordPressで全記事の情報を取得するプラグイン Export All URLs

「Export All URLs」という WordPress プラグインを使えば、サイトの全記事の情報を CSV にしてダウンロードできます。出力項目として「記事 ID」「タイトル」「URL」「カテゴリ」を選択できるシンプルなプラグインです。

全記事の情報が欲しいという場面は多くないかもしれませんが、記事一覧を作る際に役立ちます。記事一覧を管理することは、メディア運営において大切な作業です。

使い方

全記事を取得する際の条件を指定する

プラグインをインストールした後、管理画面左メニューの「ツール」「Export All URLs」を選択します。英語ですがわかりやすいので問題なく使えます。設定項目は次の通りです。

  • 出力する投稿の種類(すべて、固定ページのみ、投稿のみ)
  • 出力する項目(記事 ID、タイトル、URL、カテゴリ)
  • 出力する投稿のステータス(公開済み、非公開など)
  • 出力する形式(CSV としてダウンロード、管理画面状に直接表示)

全記事を取得する

「Export Now」ボタンを押せば取得完了です。CSV を出力した場合は以下のように CSV へのリンクが表示されるので、「Data exported successfully! Click here to Download」のリンクをクリックすればダウンロードできます。出力された CSV はサーバ上に残っていて、下側にある「Click here」のリンクをクリックすることで削除されます。

非公開の記事情報を出力した場合など、見られたくない情報が外部から見られる状態になってしまっているリスクがあります。セキュリティのために削除しておきましょう。