投資信託の償還日の有無は気にしなくても大丈夫

2015/09/04

投資信託を購入する人の中には、購入した投資信託を解約しないでずっと長期保有をし続けたいと思っている人が大勢いるかと思います。私もその一人です。そういう人達は、必ず投資信託の償還日を気にします。せっかく買った投資信託を償還日が来たから、また新しい投資信託に乗り換えなければならない。その作業を面倒くさがって、償還日の無い投資信託ばかりを選んで買う方もいるかもしれません。しかし、償還日の有無を気にして投資信託を選ぶというこの判断は実はあまり意味がありません。

償還日の有る投資信託ですが、意外なことに償還日が来たからと言って償還されるのは少ないです。償還日を延長という形で継続されることが多いです。投資信託委託会社も商売で投資信託を運用していますから、資産残高の有る投資信託を償還したくないはずです。償還のコストを払っても何のメリットも無いし、償還されて出て行ったお金が、そのまま自社の他の投資信託を購入してくれればいいけど、他社に流れたらもったいない。ですので、資産残高のある投資信託なら、普通に延長されてしまいます。

投資信託は、償還日が無くても償還されてしまう場合があります。それは人気が無くて資産残高が少ない場合です。収益的にも人員的にも継続が投資信託会社にとって損だと思われたら、償還して運用を終了してしまいます。

投資信託を長期で保有したいのであれば、投資信託の資産残高を気にすることです。この償還になる資産残高ですが、投資信託委託会社によって違いますが、大体は 30 億円ぐらいで、償還になってしまいます。

保有する投資信託が償還された場合ですが、同じ証券会社で手数料無しで、別の投資信託に乗り換えができますから、その点は安心です。そして投資にはトレンドがあって、同じ投資先が何年も何十年も上がり続けることは無いです。勝ち続ける投資信託は希少なので、償還のタイミングで選びなおせるというのは、ある意味でメリットかもしれません。