技術

React Native ExpoでiOS版だけリリース済みのスマホアプリについて、Android版もリリースしました。ほぼ同じソースコードになりましたが、色々作業が発生して1週間ほどかかりました。Android版リリースの手順についてまとめます。
VSCode で TypeScript を書いているとき、「PROBLEMS」に問題のある記法についてエラーが出ます。ここで表示されているのは ESLint のエラーです。VSCode 上で tsc のエラーをチェックするには、VSCode のターミナルでtscコマンドを直接実行します。
個人ブログのシステムを自作してみようと思い立ったとき、記事データの管理にヘッドレス CMS を使うか、Markdown ファイルとして保存するかを決める必要があります。検討の結果、私はヘッドレス CMS を使わず Next.js + MDX でブログを作りました。このとき検討した内容をご説明します。
React Native Expo で作ったスマホアプリで、毎月初めにローカル通知を送ろうとしたところ失敗しました。ソースコードとドキュメントを読んでみたところ、現状 React Native Expo のscheduleNotificationAsyncは「毎月」に対応していません。
TypeScript を使うにあたっては、ESLintとPrettierも導入するとはかどります。エディタとして Visual Studio Code の使用を前提とし、可能な限りカスタマイズをしないで ESLint と Prettier を動かす手順をご紹介します。
リリース済みのReact Native Expo のiOSアプリを修正し、バイナリ提出でバージョンアップ(OTAではない)する時の手順をまとめました。
Amplify を使った方が便利なところは Amplify に任せつつ、自分でゴリゴリ書きたいところは AWS CDK で書く。というように Amplify と AWS CDK を共存させることにして、連携方法やディレクトリ構成を整理しました。
React Native Expo SDK は、Firebase Analytics に対応しています。最低限の作業で導入できるので、スマホアプリのアクセス解析の有力な手段になります。この記事では、Expo の iOS アプリに Firebase Analytics を追加する手順についてご説明します。