技術

ユニークなIDを利用するためにUUIDを生成しようとしたのですが、少しだけつまずきました。TypeScript/JavaScriptでUUIDを使うための手順をまとめます。
React Native Expoアプリの多言語・多通貨対応にJavaScriptライブラリIntlを利用しています。iOS版はすんなり動いたのですが、Android版では2つのエラー対応が必要でした。発生したエラーと対応についてまとめます。
React Native Expo アプリで iOS 14.5 から必須となった IDFA 対応をしました。AdMob を使っているスマホアプリは、トラッキングの許可を求めるダイアログを表示しなければなりません。IDFA 対応に必要な修正と審査についてまとめます。
React Native Expoアプリを多言語対応しました。日本語ユーザよりも英語ユーザの数の方が遥かに多いため、もし英語でも使えるアプリであれば多言語対応するに越したことはありません。React Native Expoアプリを多言語対応する手順についてご説明します。
多言語・多通貨対応のためJavaScriptライブラリIntlを利用しています。単体テストのためにIntlをJestで動かそうとしたのですが、エラー RangeError: Incorrect locale information provided が発生しました。エラーの内容と対応方法についてまとめます。
アプリの多言語化でJavaScriptライブラリのIntlを利用しました。Intlで多言語/多通貨対応するためには、ロケール情報を理解するとともに、Intlのパラメータとして指定する通貨コードをロケールから導き出す必要があります。
WordPressは簡単には壊れないので、本番環境の管理画面を直接触ってしまうことも多いです。しかし、テーマのfunctions.phpの修正をミスったりするとあっけなく壊れます。Docker Composeを使ってWordPressのローカル開発環境を構築する手順をご紹介します。
React Native ExpoでiOS版だけリリース済みのスマホアプリについて、Android版もリリースしました。ほぼ同じソースコードになりましたが、色々作業が発生して1週間ほどかかりました。Android版リリースの手順についてまとめます。
VSCode で TypeScript を書いているとき、「PROBLEMS」に問題のある記法についてエラーが出ます。ここで表示されているのは ESLint のエラーです。VSCode 上で tsc のエラーをチェックするには、VSCode のターミナルでtscコマンドを直接実行します。
個人ブログのシステムを自作してみようと思い立ったとき、記事データの管理にヘッドレス CMS を使うか、Markdown ファイルとして保存するかを決める必要があります。検討の結果、私はヘッドレス CMS を使わず Next.js + MDX でブログを作りました。このとき検討した内容をご説明します。
React Native Expo で作ったスマホアプリで、毎月初めにローカル通知を送ろうとしたところ失敗しました。ソースコードとドキュメントを読んでみたところ、現状 React Native Expo のscheduleNotificationAsyncは「毎月」に対応していません。
TypeScript を使うにあたっては、ESLintとPrettierも導入するとはかどります。エディタとして Visual Studio Code の使用を前提とし、可能な限りカスタマイズをしないで ESLint と Prettier を動かす手順をご紹介します。
リリース済みのReact Native Expo のiOSアプリを修正し、バイナリ提出でバージョンアップ(OTAではない)する時の手順をまとめました。
Amplify を使った方が便利なところは Amplify に任せつつ、自分でゴリゴリ書きたいところは AWS CDK で書く。というように Amplify と AWS CDK を共存させることにして、連携方法やディレクトリ構成を整理しました。
React Native Expo SDK は、Firebase Analytics に対応しています。最低限の作業で導入できるので、スマホアプリのアクセス解析の有力な手段になります。この記事では、Expo の iOS アプリに Firebase Analytics を追加する手順についてご説明します。