WordPress で、内容が一区切りつく h2 や h3 見出しの手前にAdSense広告を表示できるとユーザビリティが良くなります。WordPress プラグイン「Advanced Ads」を使うことにより、見出しの手前に自動で AdSense 広告を表示する手順をご説明します。
React Native Expo に Firestore を導入して開発していたところ、Date型を入れた時に Timestamp 型へと変換されてしまうことに気付きました。Firestore で JavaScript の Date 型を使いたい場合は、WithConverter で Timestamp 型から Date 型に戻してあげる必要があります。
運営中のサイトでAdSenseの自動広告をオンにしているのですが、アンカー広告がCLS(Cumulative Layout Shift)を悪化させていました。CLSを改善するためには、アンカー広告をオフにするか、アンカー広告を下部にのみ表示させる対応が必要になります。ここでは、アンカー広告をオフにするまでの顛末についてご説明します。
GitHubリポジトリにプッシュした時、GitHub Actionsのワークフローで自動的にJestを走らせるようにしています。自動で走るJestと、手動で直接叩くJestの違いはタイムゾーンとロケールです。ここでは、GitHub上でJestを動かすときに環境変数としてタイムゾーンとロケールを指定する方法について説明します。
Webサイトのユーザ満足度を測る指標として読了率があります。例え直帰率が高いサイトでも、記事を最後まで読んでから帰っているのなら、ユーザは記事の内容に満足した可能性があります。この読了率をGoogleタグマネージャで計測する方法についてご説明します。