React Native Expoアプリの多言語・多通貨対応にJavaScriptライブラリIntlを利用しています。iOS版はすんなり動いたのですが、Android版では2つのエラー対応が必要でした。発生したエラーと対応についてまとめます。
React Native Expo アプリで iOS 14.5 から必須となった IDFA 対応をしました。AdMob を使っているスマホアプリは、トラッキングの許可を求めるダイアログを表示しなければなりません。IDFA 対応に必要な修正と審査についてまとめます。
React Native Expoアプリを多言語対応しました。日本語ユーザよりも英語ユーザの数の方が遥かに多いため、もし英語でも使えるアプリであれば多言語対応するに越したことはありません。React Native Expoアプリを多言語対応する手順についてご説明します。
多言語・多通貨対応のためJavaScriptライブラリIntlを利用しています。単体テストのためにIntlをJestで動かそうとしたのですが、エラー RangeError: Incorrect locale information provided が発生しました。エラーの内容と対応方法についてまとめます。
アプリの多言語化でJavaScriptライブラリのIntlを利用しました。Intlで多言語/多通貨対応するためには、ロケール情報を理解するとともに、Intlのパラメータとして指定する通貨コードをロケールから導き出す必要があります。